UR賃貸住宅申し込みの注意事項

申し込みに条件がありますので、他の点でも注意しないと申し込み資格がなくなったり、無効、失格になることがあります。

例えば、先ほどあげた6つの条件のうち、どれかを満たすことが出来なくなった場合、申込は無効になります。

それから、UR賃貸住宅に住みたいからと言って、一世帯で2通以上の申し込みをした場合、ルール違反になり申し込み無効になります。

みんな1つの所しか申し込めないことをご了承ください。

それから、これもまたUR賃貸住宅に住みたいがゆえに、家族を不自然に分割して同居しようとする申込みをしたとき、これも認められません。

そして申込書に虚偽があった場合、申込無効になります。

最後に、当選後に申込み本人や申込み世帯員を変更したときも、失格となります。

このように、ズルをして、言わばルールをおかしてまでも申し込んだとしたら、すべて無効になります。

条件に合う人には1回のチャンスが公平に与えられていますので、悪智慧を働かせることなく、正当に申込みをするようにしましょう。

ちなみに、申込方法ですが、郵送かインターネットで申し込み、月一回の抽選で当選者を決定します。

また新築の場合、物件の入居予定時期の2~3か月前に募集を行います。